CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
MOBILE
qrcode
<< 『純愛 JUN-AI』カタログギフト販売開始! | main | 「農」のある暮らし >>
バザーではない地域の「市」であること
9月22日に田無神社にて、やおよろずのさんぽ市@田無神社を開催しました。
その1週間前、9月15日にもひばりが丘PARCOにて、同市を行いました。
今年からこの市を始めた田無なおきちさんとともにunicocoも企画として関わらせてもらっています。


2週連続の1週目は、台風の影響で一部中止になってしまいましたが、
22日の田無神社はその分多くの来場者でにぎわいました。


2ヶ月以上前からの企画を経ての開催を無事に終えることができて、とてもほっとしています。
今までの市は、ライブがメインの様相でしたが、今回はライブがない時間帯にもひっきりなしに人が訪れて、広報が功を奏して、認知度も上がってきたのかなと実感することができました。


そして何よりも、出店者の人々も、来てくれた人々も、みな楽しそうな顔をしていたのが印象的でした。


このような市は、今、各地で行われていますが、多くが、他の地域から出店者を募っているのではないでしょうか。やおよろずのさんぽ市は、出店者の多くが地域の人々を占める、高いクオリティの市ではないかなぁと思います(自画自賛?)
もちろん、このようなクオリティを出せるのは田無なおきちさんと他のスタッフの力に寄るところが大きいです。


来月からunicocoは農業関連事業とギフト事業などなどを行っていきますが、この市にも「地域づくり」という観点から企画に携わり続けていきます!

来春の市をお楽しみに!

そして、この場を借りて、当市に広報、企画、協力、サポート、ご助言、ご来場、ご出店、場の提供をいただいたすべての人々、団体・組織・企業の方々に感謝いたします。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

| - | 20:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする