子どもたちは世界の宝

  • 2013.03.12 Tuesday
  • 10:47
 ネパールのスタディーツアーの二つ目の記事を書きました。

 日本の農村や途上国に行くと、子どもたちの目がきらきらしていたり、人懐っこかったり、明るかったり、そして何よりも人間として逞しい。生きる力を備えている気がします。
その姿を見て、僕自身に問いかけるものがあります。

日本の子どもたちだって、とても恵まれているけれども、あの目の輝きや生きる力の違いはなんだろう?
そんな子どもたちの目の輝きを守り続けることが、僕らの役目だと思っています。
コメント
コメントする