CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
MOBILE
qrcode
<< 地域でwin×winの関係では物足りない | main | 種まき日和 >>
はじめまして!


初めまして!

今月からunicocoさんでインターンシップをさせていただく
北島 みちる
(きたじま みちる)です!
気軽にみっちーって呼んでください!
 

 
【 自己紹介 】
 
●学年       大学三年生  国語教育について学んでいます。
 
●好きなもの   クラシックバレエ、野球観戦、おいしものを食べること、散歩、旅行(突拍子もなく旅行に行ったりするので両親に心配されます())、美術館巡り


●今年やりたい事  ウィンドサーフィン、クロアチアに行く、単位を取る




unicocoさんを知ったきっかけは地域活性や食と農など、
人と暮らしに密着した分野に興味があり、
何か自分の手で出来ることはないかと調べていたことでした。
「つながり」をキーワードに、ずっと住み続けたい街、地域を作りたいという理念に共感し、見つけたときは「これだっ!」と大変感動しました。

 


わたしは生まれも育ちも東京で、祖父母の家も都心にあるため
いわゆるお盆に帰省するような田舎の家がありません。ですから旅行などで都心を離れると、そこに流れるゆったりとした空気に魅了されてしまいます。最近それを作り出しているのは、その土地に当たり前のように根付いている温かな人々の「つながり」、
また祭りや風習などの伝統が時代を隔て、残した人と人の「つながり」ではないかな、と考えるようになりました。




さらに人と人の間だけでなく人とモノの「つながり」も同じことが言えます。人とともに生き、愛されてきたモノは、私には輝いて見えます。それは衣食住すべてに言えると思います。都市では破壊と再生が繰り替えされ、個性のない街も増えているように感じます。都市と田舎どちらがいい、どちらに従うべきだ、そういうことではなくどちらにも共通して守るべき「つながり」が存在しているのだと思います。



 
私は散歩の道すがら出会う暮らしのワンシーン(例えば、井戸端会議、電気の明かり、風鈴の音、お正月の松飾りなど)
ほっこりした気分になります。忙しく過ぎる毎日の中にちょっとでも「つながり」を感じられる心地よい地域が
人を、日本を、世界を元気にすると信じています。




最後になりましたが、みなさま、お世話になります!
精一杯学ばせていただきますので何卒よろしくお願いします(^^)
 
北島みちる
 
| unicoco事業 | 00:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする